● トップページ

● 生産者の紹介

● おいしい笑顔が
  できるまで

  ・畑について
  豚について
  ・牛について
. ・羊について

● 商品紹介

● 通信販売

















































親子ヒツジの群れ




北海道は、花見といえばジンギスカン。焼肉といえばジンギスカン。とにかく人が集まればジンギスカン  そういう土地です。
でも、その羊の肉は殆ど輸入物です。
大方の飼い方は、草だけ。ヒツジは草食動物で特に長い腸を持っています
それだけに消化吸収が良く、草だけでも十分に成長しますが、草だけで飼われた羊の肉は羊特有の臭いが強く出てしまうので、初めての人には敬遠される事も、たびたびあるようですが....

羊の中でもイギリスで、肉用種に作られたサフォーク種を使い、"日本人の舌に合う"肉"を目指したのがアップル北海サフォークです。



羊肉の一般に出回っている物は、ほとんど輸入物です。
日本へ輸出している国の一つでもある
オーストラリア・ニュージーランドを、知
人で酪農・畑作(小麦・ビート)を営む人
が、平成14年の秋に視察研修に行き、
実際に現地で見聞きしたところによると
日本より、はるかに安い農地で麦を作
り(この麦も日本へ輸出)、その刈り取
り後の畑に羊を放す。
羊達には、特別エサはやらず、僅かな麦の落穂と刈り取られた麦株を
食べて飼われるのだそうです(あくまでも麦刈り後の一時期とおもいま
すが)。
羊は、家畜の中でも腸の発達が良いので、これでも生きていけるので
しょうが、北海とかち農園の肉用種の肥育と云う観点から言えば、旨い
肉作りとは、独自に工夫したエサを与え、手間隙惜しまず毎日養うこと
その毎日の積み重ねで作り上げた最高の羊肉をお届けします。


アップル北海サフォークは、反芻動物の基本である草を北海道の牧草で。
配合飼料の代わりにアップル草原ポーク・北海草原黒豚と同じ
  
青森産リンゴサイレージ   十勝産ジャガイモサイレージ   国内産みりん粕

だけで仕上げました。水は清流,歴舟川を水源とする飲み水



北海道広尾郡大樹町字尾田258-1 北海とかち農園
Tel 01558-9-7700 Fax 01558-9-7701